大型工作機械 実機取付け例

OKUMA 5面加工門形マシニングセンター MCR-BⅢ

取得した稼働情報

  • 電源ON・OFF時間=操業時間
  • 切削加工時間
    • 自動運転時間
      • 高速加工時間
      • 低速加工時間
    • 手動運転時間
      • 高速加工時間
      • 低速加工時間
    • 故障停止時間=アラーム時間

取得した接点信号

【8接点から信号+DPRNT情報を取得】

  1. 電源ON・OFF →操業時間の把握
  2. サイクルスタート  →自動運転時間の把握
  3. フィードホールド →一時停止(中断)
  4. アラーム →アラーム発生時間の把握
  5. 主軸回転中 →切削加工時間の把握
  6. MDI  →手動運転時間の把握
  7. 主軸ギア高速 →高速加工時間の把握
  8. 主軸ギア低速 →低速加工時間の把握
    + DPRNT:実際に加工しているワークの生産管理情報の取得

操作盤の各スイッチやランプから詳細稼動情報を取得

操作盤の裏

DPRNTから加工ワーク情報も、取得

DPRNT

可視化例:Microsoft Azure&MotionBoardでリアルタイムモニタリング

大型工作機械 オークマ MCRB-Ⅲ 詳細稼動モニタ