従来のシステムよりも
詳細な稼動状況を
収集・監視・集計・分析

シグナル方式やDNC送信履歴方式に比べて、より細かく、より正確な稼働状況をリアルタイムに取得できます。

その他、量産設備や、プレス機、成形機、専用機なども安価でかつ容易に稼働状況の見える化を行うことが可能です。

設備の稼働状況可視化に関する課題

課題

IoTの実現は『新しい機械、新しい設備』が
条件になってしまうのか…

現実的なコスト・期間で実現するIoT

工場設備の稼働状況を可視化し分析・改善するためのツール

MC-Web CONTROLLER

簡単な取り付け

改造レス&工事レス

専用ソフトウエアでノンプログラミングで動作設定

  • 取り付け可能なメーカー、機械、機種に制限がない。
  • 機械設備の改造必要なし。
  • 工事期間中に機械設備を止める必要なし。電源遮断の必要なし。
  • 機械設備内の配線の切断必要なし。
  • 機械設備の制御の変更も一切なし。
  • 1台30分~60分程度で取り付け。
  • 機械の配線状況の理解が出来る人であればお客様自身での取り付けが可能。
  • 取り付け後の試行錯誤、カイゼンによる取り込み信号の変更も容易。専用ソフトウエアで信号判定ロジックを設定。
稼働信号配線に電流センサーをクランプ

専用デバイスMCW-NXシリーズ

  • カレントトランスCTセンサーを使用した直流回路、交流回路のON・OFF検知の開発により改造レス・工事レスを実現。
  • 取得信号8点+RS232C+有線LAN
    ※Wifi接続も、MCW-NX8-001に無線LAN中継機を接続することで可能。
  • 全て電源 AC100V 対応
  • 1台の設備機械に最大4デバイス取り付け可能。
  • 1台の設備機械から最大32点の信号ON/OFF情報を収集。
    (シグナル灯の3点信号では把握できない細かな稼働状況を取得)
  • その他インターフェース:
    NC工作機械のマクロデーター出力DPRNTで自動取得
    作業者が入力する情報の取得
    • バーコードスキャナー(作業者がワーク情報をスキャン)
    • スイッチボックス(作業者が理由、状態ボタンを押す)

本機でのデータ取得について

  • センサー方式と異なり、事象発生時のみデーターを出力する為、無駄なデータが発生しない。
  • ポーリング方式と異なり、事象の抜けがなく正確に収集可能。

8接点取得『MCW-NX8-001』

MCW-NX8-001

2接点取得『MCW-NX2-001』

MCW-NX2

4接点取得『MCW-NX4-001』

MCW-NX4

MCW-Gateway

データー収集・稼働詳細状況判定・ IoT Gatewayソフトウェア

  • 1台の機械設備から最大32点の信号ON/OFF情報を収集しその組合せで稼働状況を判定
  • 最大64台のデバイスからデーター収集
  • データー受信状況をリアルタイムでモニタリング
  • 各種マスターメンテナンス
  • 機械設備別の稼動判定ロジックを自由に設定
  • 機械設備別の稼動判定ログデーターなど6ファイルを出力
  • システム連携用データーアップローダー
  • デバイス設定ユーティリティー
  • 多言語対応(日本語、英語、中国語)
  • MCW-Gatewayデーターアップローダー
    • DBアダプター
      ・PostgreSQL用DBアダプター
      ・Microsoft SQL Server 2016用DBアダプター
    • WEBアダプター
      ・REST APIアダプター
  • 6つの稼働詳細データーファイル出力
    • 信号判定ログデーター
    • イベント別信号判定ログデーター
    • あんどんデーター
    • 実績推移データー
    • 実績数量データー
    • イベント間時間集計データ
  • 出力ファイル形式:CSV

よく取付される機械設備13機種の判定パターン(取得データ)をあらかじめ設定済

  1. マシニングセンター
  2. 門形マシニングセンター
  3. NC旋盤
  4. NC旋盤
  5. NC研削盤
  1. ワイヤー放電加工機
  2. 量産プレス機
  3. 射出成型機
  4. 溶接機(溶接ロボット)
  1. パレタイズロボット
  2. 専用機(テープ貼り機)
  3. 専用機(レーザーマーキングシステム)
  4. 専用機(テープ織機)

例:マシニングセンター 8接点取得

信号No 信号名 利用目的 取得集計情報 何が可視化できたのか
DI1 電源 設備の電源ON/OFF状態の判定 電源ON時間
電源OFF時間
  • あんどん(今の稼働状態をリアルタイム表示)
  • 稼働推移(機械設備の今までの稼働状況をイベントレベル別の階層ガントチャートに表示)
  • 稼働時間(時間集計NO.別に稼働時間を集計)
  • 稼働率
DI2 サイクルスタート 加工中の判断 加工時間
DI3 フィードホールド 停止中の判断 停止時間
DI4 アラーム 設備のアラーム状態 アラーム時間
DI5 運転モード1 運転モード(ロータリーSW)の状態より自動運転か手動運転かの判断 運転モード毎の加工時間
DI6 運転モード2
DI7 運転モード3
DI8 運転モード4

例:NC旋盤 8接点取得

信号No 信号名 利用目的 取得集計情報 何が可視化できたのか
DI1 電源 設備の電源ON/OFF状態の判定 電源ON時間
電源OFF時間
  • あんどん(今の稼働状態をリアルタイム表示)
  • 稼働推移(機械設備の今までの稼働状況をイベントレベル別の階層ガントチャートに表示)
  • 稼働時間(時間集計NO.別に稼働時間を集計)
  • 稼働率
DI2 サイクルスタート 加工中の判断 加工時間
DI3 フィードホールド 停止中の判断 停止時間
DI4 アラーム アラーム中 アラーム時間
DI5 運転モード1 運転モード(ロータリーSW)の状態より自動運転か手動運転かの判断 運転モード毎の加工時間
DI6 運転モード2
DI7 運転モード3
DI8 主軸回転中 実加工の判定 実切削時間

例:量産プレス 3接点取得

信号No 信号名 利用目的 取得集計情報 何が可視化できたのか
DI1 電源 設備の電源ON/OFF状態の判定 電源ON時間
電源OFF時間
  • あんどん(今の稼働状態をリアルタイム表示)
  • 生産数量
  • 稼働推移(機械設備の今までの稼働状況をイベントレベル別の階層ガントチャートに表示)
  • 稼働時間(時間集計NO.別に稼働時間を集計)
  • 稼働率
DI2 サイクルスタート 運転モード 自動運転/手動運転の判断
DI3 カウンター パンチ数のカウント 生産数

稼働可視化 Webアプリ 選べる2タイプ

MCW Server

DB・マスターメンテナンス

  • 稼働データーDB
    • PostgreSQL版
    • Microsoft SQL Server 2016版
    • 稼働データーテーブル
      • 信号判定ログデーター
      • イベント別信号判定ログデーター
      • あんどんデーター
      • 実績推移データー
      • 実績数量データー
    • データー参照用ビュー(BI用連携インターフェース)
  • マスターメンテナンス(MCW-Gatewayと連携)
    • ユーザーマスター
    • ロケーションマスター
    • 所属マスター
    • 機械マスター

モバイルアプリ

  • 外出先からでもスマホ、タブレットから稼動や異常を確認
  • プッシュ通信

Motion Board for MC-Web

あんどん

  • 現在の機械設備の稼働状況を一覧でリアルタイム表示
    • 稼働状態の信号表示
    • 加工品目表示
  • 個別の機械設備の詳細状況のリアルタイム表示
    • リアルタイムログ
    • 稼働推移ガントチャート
    • 稼働時間集計
    • 生産数集計
    • 加工時間集計

稼働推移

  • 機械設備の日々の稼働推移状況をイベントレベル別の階層ガントチャートに表示
  • 今日の稼働率表示

生産4指標

  • 稼働時間
    グループ別、機械設備別に指定した期間で時間集計NO.別に稼働時間を集計
  • 稼働率
    グループ別、機械設備別に指定した期間で稼働率を集計
  • 生産数
    グループ別、機械設備別に指定した期間で品目別の生産数を集計
  • 加工時間(実績/標準タクトタイム比較)
    グループ別、機械設備別に指定した期間で品目別の加工時間を集計

予防保全

  • 機械設備の特定の動作の累積回数を指定した期間でカウントし、アラームとする累積回数との比較をグラフと表で表示
  • 機械設備の特定の動作の累積時間を指定した期間でカウントし、アラームとする累積時間との比較をグラフと表で表示

レポート

  • ロケーション別、グループ別、機械設備別に指定した期間で稼働時間、稼働率、生産数、加工時間の実績の生産4指標を集計し日報、週報、月報を自動作成

あんどん

あんどん明細

稼働推移

システムの特徴と構成

クラウド・オンプレミス のどちらにも対応

  • クラウド: Microsoft Azure、AWSなど
  • オンプレミス: Windows Server 2012 R2/IIS

複数拠点・Global対応

  • 複数拠点を一元管理(工場、所属、機械の階層)
  • 多言語対応(日本語,英語,中国語)

外部システムとの連携インターフェース(稼動情報の詳細分析)

  • 稼働状況詳細データー出力(CSV)
  • 参照用ビュー
  • BI連携
オンプレミス
オンプレミス
オンプレミス
クラウド
オンプレミス
クラウド

システムご提供パターン

『NXデバイス』

  • 収集・監視・集計・分析・モバイルなどは自社開発の独自のシステム、BIや他のIoTクラウドなどで行う場合
    • NXデバイスによる機械設備からの信号ON・OFF取得

『NXデバイス』+『MCW-Gateway』

  • 監視・集計・分析・モバイルなどは自社開発の独自のシステム、BIや他のIoTクラウドなどで行う場合
    • NXデバイスによる機械設備からの信号ON・OFF取得
    • デバイスとの通信、データー収集
    • 機械設備別信号判定・稼動データー生成
    • 6つの稼働詳細データーファイル出力
    • データーアップローダー
      • DBアダプター
        ・PostgreSQL用DBアダプター
        ・Microsoft SQL Server 2016用DBアダプター
      • WEBアダプター
        ・REST APIアダプター

『NXデバイス』+『MCW-Gateway』+『MCW-Server』

  • 簡易的に監視・集計・分析・モバイルに対応する統合ソリューション
    • NXデバイスによる機械設備からの信号ON・OFF取得
    • デバイスとの通信、データー収集
    • 機械設備別信号判定・稼動データー生成
    • 6つの稼働詳細データーファイル出力
    • 6つの稼働詳細データーをサーバーのデーターベースへアップロード・格納
      対応データーベース: Microsoft SQL Server 2016、PostgreSQL
    • 自社開発の独自のシステム、BIや他のIoTクラウドなどとのデーター連携インターフェース

『NXデバイス』+『MCW-Gateway』+『Motion Board for MC-Web』

  • 詳細な監視・集計・分析に対応する統合ソリューション
    • NXデバイスによる機械設備からの信号ON・OFF取得
    • デバイスとの通信、データー収集
    • 機械設備別信号判定・稼動データー生成
    • 6つの稼働詳細データーファイル出力
    • 6つの稼働詳細データーをサーバーのデーターベースへアップロード・格納
      対応データーベース: PostgreSQL
    • 13種類の機械設備の可視化画面をプリセット
    • 7つの可視化機能を用意
      (あんどん、稼働推移、稼働時間、稼働率、生産数、加工時間、予防保全)